低金利ローンのメリット

融資を受ける際に、考えなければいけないことは金利についてです。低金利ローンのメリットを生かすことで、返済に余裕がでると同時に、日々の生活にも潤いが生まれます。低金利ローンのメリットを享受できる代表的なものとしては、住宅ローンを挙げることができます。数千万円のローンを組むことは、住宅ローン以外にはほとんどないでしょう。離婚 財産分与その際に、金利の違いというのは、日々の生活に大きな影響を与えます。例えば、3000万円を35年リーンで借りたとします。ボーナス払いはなしで、月々の返済額は、仮に金利が1%で元利均等払いの場合は、84685円となります。これが金利3%の場合では、115445円になります。また金利5%の場合は151406円となります。このように、金利が変わると、月々の返済額は驚くほど上がってしまうのです。ですから、低金利ローンのメリットはとてつもなく大きいのです。また、住宅ローンだけではなく、用途が決まっている融資の場合は、用途が決まっていない自由なものに比べると低金利でローンを組むことが可能です。例えばマイカーローンなどがその例となります。少しでも金利を安く融資を受けるには、担保があるものの場合が多いのですが、少しでも安く融資を受けるために、各銀行に自ら足を運び、用途を話して少しでも安くならないか担当者と話合いを重ねて融資を受けることで、低金利でローンを組むことができれば、日々の暮らしがとても楽になります。